So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

財政難でも「全国2位」 平松市長ら 給料据え置き(産経新聞)

 大阪市特別職報酬等審議会(会長=金児曉嗣・大阪市立大学長)は26日、市長と副市長、市議の給料・報酬額を現行のまま据え置くのが適当とする答申を平松邦夫市長に提出した。市長の給料と市議の報酬は、自主カット後の額を比較しても全国の18政令市では横浜市に次いで2番目に高い。深刻な財政難の中で、特別職の報酬・給料額を高水準のまま据え置くことは議論を呼びそうだ。

 大阪市長の給料月額は150万円(自主減額後135万円)で、副市長は119万円(同107万円)、市議の報酬月額は102万円(同96万9千円)。市長と副市長は平成20年2月から10%(同月のみ20%)、議員は21年4月から5%を自主的に減額している。

 大阪市では景気悪化により22年度の市税収入が前年度比319億円(5%)のマイナスとなる見通し。また、累積赤字の増加で27年度には「財政再生団体」に転落する可能性があるとの予測も公表している。審議会は給料・報酬額の据え置きについて「厳しい社会経済情勢だが、大阪市の特別職の果たすべき職責の重大さなどを勘案した」としている。

死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める−大阪地裁(時事通信)
小沢氏を事情聴取=虚偽記載「把握していない」「裏献金、事実無根」−東京地検(時事通信)
道路しゃがみ込み?男性はねられ死亡 大阪(産経新聞)
20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割−喫煙者調査(時事通信)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)

兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)

 武庫川ダム(兵庫県西宮・宝塚市)建設の可否が焦点となっている武庫川(兵庫県)水系の河川整備計画原案が26日、兵庫県から専門家などでつくる武庫川流域委員会に提示された。ダム建設は原案に盛り込まれず、今後計画が国の同意を得て策定されれば、同ダムは国の工事実施基本計画から消えることになり、事実上の“断念”となる。

 武庫川ダムは県が計画している治水ダム。昭和60年に国の建設認可を受け、平成5年に事業着手した。貯水容量は約1千万立方メートルで、建設事業費約300億円のうち半分を国が補助する予定だったが、民主党政権にかわり、前原誠司国交相が昨年、ダムに頼らない新しい治水基準での検証対象の一つとして挙げたため、建設の可否に注目が集まっていた。

 原案では、昨年3月に策定した基本方針で武庫川水系の目標流量を4690トンと定めたのに基づき、今後20年間で戦後最大の洪水と同規模の洪水に耐えうる流量(3510トン)を確保すると目標を設定。昨年8月の佐用町豪雨などを受けて治水対策を喫緊の課題としながらも、新規ダムを建設する場合は地元との合意形成のほか、建設開始から完成まで十数年かかることから、今回の計画では河床掘削や堤防強化などの別の対策を選択し、新ダムについては必要性や実現可能性の検討を続けるとした。

 ただ、今回の計画と基本方針の目標流量には180トンの差があるため、県では「目標達成にはダムも含めたより良い整備方法を検討し、必要に応じて計画の修正も行う」としている。

【関連記事】
小沢氏政治資金問題 自民調査団が胆沢ダム視察
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬
前原国交相と八ツ場ダム地元住民、初の意見交換
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場ダム問題 関係6知事の緊急申し入れに国交相回答

<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)
小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討−4億円の説明求める・東京地検(時事通信)
検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)

龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)

 京都の繁華街、河原町通から高瀬川へ向かう小路は、「龍馬通」と呼ばれている。かつて坂本龍馬も歩いたとされ、道沿いにはカラオケ店や飲食店が立ち並ぶが、通りを進むと異彩を放つ建物が目に入る。坂本龍馬が暗殺される3日前まで過ごしていたと伝えられる材木商「酢屋(すや)」である。

 酢屋の事業は現在、別の場所で営まれており、江戸時代の面影を残す当時の建物は、龍馬に関する史料を展示する「ギャラリー龍馬」などとして運営されている。

 2階の表通りに面した場所には、出格子がみえるスペースがある。当時は、6〜8畳くらいの部屋だったというが、現在は2畳ほどの畳の上に机を配し、机上にはすずりと筆が置かれている。

 「手紙を書いていた龍馬の部屋を再現してみました。あの出格子から、龍馬は持っていたピストルの試し打ちをしていたそうです」

 酢屋の10代目当主にあたるという中川敦子さんは、そんなエピソードを交えながら、館内を案内してくれた。

×    ×

 龍馬が投宿先として酢屋に着目したのは、立地条件が大きかったようだ。

 かつては浜地で、高瀬川へつながる舟入(港)が広がっていたとされ、中川さんは「陸路や水路に利点があったので、龍馬は酢屋を拠点にしました」と説明する。

 幕末当時、酢屋の当主は高瀬川の木材独占輸送権を得て運送業も行っていた6代目の酢屋嘉兵衛。取引先の土佐藩で龍馬と知り合ったとされる嘉兵衛は、京都に移った龍馬に支援を惜しまず、酢屋の2階には海援隊京都本部が置かれていたという。

 「海援隊が京に入ってきた目的は、龍馬が一番やりたかった『国を変える』ということですが、新しい日本を目指した龍馬に理解を示さなければできないことです。(嘉兵衛は)命がけで匿い、勤王家であっても黙っていました」と、中川さんは祖先の功績を回想する。

×    ×

 慶應3(1867)年6月、龍馬は酢屋で、姉の乙女に手紙を書いた。投宿を知らせる内容だったが、その手紙は長さ5メートルにもおよんだという。

 幕末史に詳しい霊山歴史館(京都市東山区)の学芸課長、木村幸比古さんによると、現存する龍馬の手紙は家族や他の志士らにあてた130通余だが、なかでも乙女あてが13通で最も多いそうだ。

 「乙女姉さんは母親代わりでしたからね。兄に手紙を送ったところで『早よ帰ってこい、うろうろするな』の一点張りだし」と、木村さんは笑う。

 幼いころ母を亡くした坂本龍馬は、生涯にわたって姉の乙女を慕っていた。龍馬より3歳年上で、身長175センチ、体重110キロの大柄な女性だったとされ、「坂本のお仁王様」とも呼ばれていた。剣術や馬術、水練など何でもこなし、少年期は泣き虫だったとされる龍馬を教育した。

 出格子から高瀬川を舟が行き来する様子がみえる酢屋は、日増しに身に危険の迫る龍馬にとって心癒やされる空間でもあったのだろう。そして、郷里・土佐にいる乙女はいつまでも大きな心の支えだったようで、龍馬は机に向かいながら熱心に筆を走らせていたに違いない。

 そんな龍馬にとって、酢屋は安住の地だったが、やがて、この場所でも身の危険を感じるようになり、醤油(しょうゆ)商の近江屋に移ることになる。



 「酢屋」 享保6(1721)年創業という京都の材木商。現当主は10代目になるが、事業はグループ企業の千本銘木商会(京都市、中川敦子社長)に引き継がれ、酢屋は従来の建物で「創作木工芸酢屋」や「ギャラリー龍馬」を運営する会社として存続する。海援隊の支援に尽力した6代目当主時代、海援隊京都本部が置かれ、坂本龍馬や陸奥宗光、長岡謙吉ら数多くの藩士が投宿していた。毎年、龍馬の命日とされる11月15日には「追悼献酒」が行われ、あわせて海援隊士が龍馬が暗殺される模様をまとめた「涙痕帖」が特別公開されている。(山田淳史)

【関連記事】
龍馬ブーム福山で過熱 4図書館がイベント
四国観光お薦め11プラン、冊子で紹介 瀬戸内国際芸術祭にあわせ
文字に込めた龍馬の「志」 大河の題字手がけた書家・紫舟さん
「土佐・龍馬であい博」開幕、広末さんらPR
龍馬ゆかりの鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件 

「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
<小沢幹事長>虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
可視化法案、今国会で成立を=民主・平田氏(時事通信)
「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審(産経新聞)

「若者を惹きつける新聞」テーマに 桃山学院大で実践講座(産経新聞)

 地域や学校と企業を結ぶ実践キャリア教育講座が21日、大阪府和泉市の桃山学院大学で行われ、「若者を惹(ひ)きつける新聞」をテーマに、同大の学生10人が、3グループに分かれて若者目線で取り組んだ紙面案を発表した。

 若者の活字離れが進む中、木村二郎・経営学部教授(58)が指導し、産経新聞朝刊の全ページの中からトップニュース写真を選び、延べ約20時間かけて新聞1面のコンテ案を作成。政治よりも、ゴルフの石川遼選手やたばこ税といった身近なニュースを選択したり、大胆なイラストで分かりやすく見せるなど、学生ならではのユニークなアイデアが飛び出した。

 「若者同士の日常会話に出やすいニュースこそ読まれると思い選んだ」と経済学部2年の斎藤遥さん(20)。木村教授は「学生の新聞に対する興味がアップしたのでは…」と期待も込めて話した。

【関連記事】
ネットで生徒が問題を解く過程を分析、ソフトバンクBBとZ会が新たな指導法
大学・大学院の起業家教育 拡充促進へ産学官交流組織
今の日本は「どんな思想にも染まらないのが一番良い」
「時事漫画」原画 新たに105点
機内の新聞配布も中止 日航&全日空、存亡賭けた経費削減

名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず−鳩山首相(時事通信)
「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)

小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザの患者に小中学生が占める割合が、再び増加に転じていることが1月22日、厚生労働省のまとめで分かった。健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は同日の記者会見で、学校が再開した影響との見方を示した。

 厚労省によると、小中学生に当たる5-14歳がインフルエンザの推計患者に占める割合は、1月11-17日の週は25.0%だった。ピーク時の昨年11月23-29日の週の49.7%から減少が続き、前週(1月4-10日)には16.9%にまで下がっていたが、再び増加に転じた。
 一方、横ばい傾向にあった成人が推計患者に占める割合は、11-17日の週は52.1%で、前週の64.4%から大幅に減った。中嶋室長は会見で、「年末年始の社会生活が変わる時期が終わり、大人の患者数が減っている」との認識を示した。

 インフルエンザ定点医療機関当たりの推計患者数は、11-17日の週は約48万人。昨年11月23-29日の週の約189万人をピークに7週連続で減少している。


【関連記事】
インフル定点8.13、7週連続で減少
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計
成人の推計患者数が増加―新型インフル
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」

<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審−仙台高裁(時事通信)
救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
「産婦人科医療改革グランドデザイン」骨子案で意見公募(医療介護CBニュース)
阪神大震災から15年…安全の日宣言発表(読売新聞)

無免許でしみ取り=エステ店経営者ら逮捕−大阪府警(時事通信)

 医師免許がないのに顔のしみ取りなどの医療行為をしたとして、大阪長崎両府県警の合同捜査本部は21日、医師法違反の疑いで大阪府池田市天神、エステサロン経営森本美千子容疑者(62)ら2人を、同法違反ほう助の疑いで長崎県佐世保市鹿子前町、美容機器製造販売会社代表取締役、森山素幸容疑者(47)を逮捕した。
 捜査本部によると、森本容疑者は「美容機器を使いしみ取りをしていただけ」、森山容疑者は「機器を販売したが、医療行為については知らない」などと話し、3人とも容疑を否認している。 

<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
精巧な偽中国100元、国内で発見 記番号以外は「本物」(産経新聞)
<青森ねぶた師>収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)

交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)

 18日午前8時50分ごろ、茨城県取手市高須の市道交差点で、美容師川村拓也さん(23)=同県龍ケ崎市市川原代町=の乗用車と、無職海老原喜代美さん(63)=取手市小文間=のワンボックス車が衝突、2人が死亡し3人が重軽傷を負った。県警取手署が事故原因を調べている。
 死亡したのは、海老原さんの車に同乗していた、いずれも無職の浅谷多喜代さん(84)と染野谷美代さん(83)。海老原さんは夫が経営する接骨院に来ていた浅谷さんらを自宅に送る途中だったという。 

【関連ニュース
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突
踏切内の車に特急列車衝突=けが人なし
酒酔い運転、3台に衝突=女性けが、米兵を逮捕

<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
パチンコ攻略「梁山泊」脱税4億超、創設者ら逮捕(読売新聞)
<偽造旅券>中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円(毎日新聞)
中堅ゼネコンを捜索=小沢氏団体事件−東京地検(時事通信)
志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)

「かぐやびな」製作が最盛期迎える 兵庫・上郡町(産経新聞)

 桃の節句を前に、兵庫県上郡町の「まつい工芸社」(松井宏司代表)では、竹の中に男びなと女びなが仲良く並んだ「かぐやびな」の製作が最盛期を迎えている。

 変色防止の加工をして斜めに切った本物の孟宗竹に、友禅和紙をまとった手作りの立ちびなと絹製の桃の花を飾りつけた。

 大きさは、高さ約20センチ、直径12センチ。かぐや姫が竹の中から翁に見つけられる「竹取物語」にちなんだ命名で、かわいい表情が人気を集めている。

【関連記事】
新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳
切手「ふるさとの花」3月8日発売 郵便会社
鳥取・境港でカニ感謝祭
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地

小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
<千葉大生殺害>血のついた包丁発見 ATMの男供述で捜索(毎日新聞)
<訃報>佐田雅人さん89歳=歌手のさだまさしさんの父(毎日新聞)
不動産取引で26億円所得隠し=銀座のビル売買めぐり−会社社長ら逮捕・東京地検(時事通信)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)

奈良・京都またぐ瓦窯跡群 4遺跡一括で史跡指定へ(産経新聞)

 ■木津川市、実現なら全国初

 奈良時代、平城京への瓦の一大供給拠点だった奈良市から京都府にまたがる奈良山丘陵の瓦窯(がよう)跡群をめぐり、京都府木津川市が、鹿背山(かせやま)瓦窯跡など市内4カ所の遺跡について、近く国に史跡指定を申請することが19日、分かった。申請は、すでに史跡となっている歌姫瓦窯跡(奈良市)に追加する形で行い、史跡全体で「奈良山瓦窯跡」との新名称にするよう要望する。実現すれば、2府県に広域に分布する瓦窯跡が一括して史跡となる全国初のケースとなる。

 奈良時代、平城京から北へ約5キロの奈良山丘陵は瓦の供給拠点になっており、これまで東西6キロ、南北2キロの範囲で、約30カ所の奈良時代の瓦窯跡が確認されている。

 木津川市が史跡指定を求めるのは、鹿背山(約8千平方メートル)をはじめ、音如ケ谷(おんじょがだに)(約5千平方メートル)▽市坂(約2万1千平方メートル)▽梅谷(約600平方メートル)の各瓦窯跡の計4カ所。奈良市の歌姫を含めると、「奈良山瓦窯跡」としての総面積は約3万8千平方メートルになる。

 これらの瓦窯跡はいずれも住宅街にあり、公園として保存されるなど、整備が進んでいる。音如ケ谷瓦窯跡では、2基の瓦窯跡のレプリカが設置され、市坂瓦窯跡を保存している上人ケ平遺跡公園には、粘土から瓦を作っていた切り妻造りの工房などを再現している。

 また、平成20年12月に発掘された鹿背山からは、粘土、瓦を運んだ2つの通路や窯、工房などの跡が出土し、同時代の瓦生産の工程全体が分かる全国初の遺跡として注目を集めた。

 一方、木津川市と隣接する奈良市にも押熊瓦窯跡など数カ所の遺跡が保存されている。木津川市の瓦窯跡群が国の史跡として追加されることについて、奈良市も「奈良山丘陵の瓦窯跡群全体の文化的価値も高まることになる」として歓迎する。

 木津川市は「隣の奈良市が平城京遷都1300年を迎え、史跡指定されればこちらにも弾みがつく。文化財保護だけでなく観光客誘致にも積極的に取り組みたい」と話している。

知人女性、子供3人連れ回す=夫に500万要求、無職男逮捕−広島県警(時事通信)
皇太子ご夫妻、震災遺族と懇談(時事通信)
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
雪上の足跡で発覚 体育館など放火未遂容疑の中学生2人逮捕(産経新聞)

元副市長らを背任容疑で告訴=不用な土地購入、虚偽文書も−岡山県赤磐市(時事通信)

 岡山県赤磐市は18日、市議が所有する土地を必要がないのに市費で購入したとして、元副市長(61)と元吉井支所長(61)=いずれも退職=を背任容疑で県警赤磐署に告訴した。また、吉井支所の産業建設課長(52)と同課主幹(45)についても、虚偽公文書作成の疑いで告訴した。
 市によると、事業計画がなかったにもかかわらず、市は2007年、交差点改良の名目で市議所有の宅地109平方メートルを購入、08年には残土置き場として、同じ市議所有の畑5164平方メートルを計約709万円で購入した。契約は元副市長の指示で、課長と主幹が虚偽の公文書を作成し、元支所長が専決権限に基づいて購入手続きしたという。
 井上稔朗市長によると、常任委員会での同市議の発言を不審に思い調査したところ、問題が発覚。購入した土地は、いずれもそのまま放置されている。 

【関連ニュース
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用
厚労省元局長、27日初公判=証明書偽造、無罪主張へ
元家裁書記官、起訴内容認める=判決偽造、6900万円詐取
浅草署警部を書類送検、辞職=「処理面倒」と証拠品壊す
元県立高校長に有罪=調査書改ざんし謝礼受領

小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用−資格外活動ほう助容疑・警視庁(時事通信)
宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に(時事通信)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
<オール学生将棋選手権戦>立命館大・横山さんが優勝(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。